陶器用語辞典

豆知識

焼き物と呼ばれるものには、陶器、磁器、石器、土器などがありますが、違いをご存知でしょうか。

陶器は吸水性のある粘土質の素土に釉薬を施して、磁器よりも低い温度(1100〜1200度)で焼かれます。
手作りならではの貫入や不透光性などから、ぬくもりのある器として人気があります。
素焼きの後に下絵付け、釉薬、本焼きという工程で完成します。

陶器が土ものと呼ばれるのに対して、磁器は石ものと呼ばれます。石の粉に粘土や石英などを混ぜた陶石が原料となります。
1300度前後の高温で焼かれ、吸水性がなく光にかざすと透けるのが特徴です。
繊細な絵付けが魅力です。
陶器より硬く、耐久性もあるため日常的に使用するお皿としても最適です。

石器は陶器と磁器の中間的存在、土器は人類が初めて作った焼き物として有名です。