陶器用語 か行

陶器用語 か行

灰釉陶器(カイユウトウキ)

天然の灰を釉原料とした灰釉を施した陶器。

片口(カタクチ)

片方の縁に注ぎ口が付いている陶器。

唐津焼(カラツヤキ)

日本の伝統的工芸品に指定されている、佐賀県唐津市で焼かれる陶器の事。茶器として名高い。

貫入(カンニュウ)

焼成後に生じた釉のヒビ。

素地(キジ)

焼成前の無釉のもの。

清水焼(キヨミズヤキ)

京都府で焼かれる京都を代表する陶磁器。

九谷焼(クタニヤキ)

石川県の金沢市、小松市、加賀市、能美市で生産される色絵の磁器。

古伊万里(コイマリ)

江戸時代に焼かれた有田焼。  

交趾焼(コウチヤキ)

中国南部で生産された陶磁器の一種。

古瀬戸(コゼト)

平安時代末から室町時代中期まで現在の愛知県瀬戸市周辺で生産された陶器類。