陶器用語 は行

陶器用語 は行

萩焼(ハギヤキ)

山口県萩市一帯で焼かれる陶器。長門市で焼かれる萩焼は、特に深川萩(ふかわはぎ)と呼ばれる。

鉢(ハチ)

皿より深く、壺より浅い口の開いた容器。口径と高さが同じくらいのものを鉢、口径が高さより大きいものを浅鉢、口径が高さより小さいものを深鉢と呼ぶ。   

萬古焼(バンコヤキ)

三重県四日市市の代表的な地場産業で、急須や土鍋が有名。陶器と磁器の間の性質を持つ半磁器。1979年から伝統工芸品に指定されている。   

備前焼(ビゼンヤキ)

岡山県備前市周辺を産地とする陶器、b器。備前市伊部地区で盛んであることから「伊部焼(いんべやき)」とも呼ばれている。   

古田織部(フルタオリベ)

本当の名は古田 重然(ふるた しげなり 又は、しげてる)。古田織部は茶人としての名前。安土桃山時代に茶器製作・建築・造園などで「織部好み」と呼ばれる一大流行をもたらした。

瓶子(ヘイシ・ヘイジ)

主に酒器として用いられた壷の一種。口縁部が細くすぼまった比較的小型の器形のものを指す。