陶器用語 あ行

陶器用語 あ行

赤絵(アカエ)

赤色で彩色を施した陶磁器。または、その絵の事。

有田焼(アリタヤキ)

佐賀県有田町を中心に焼かれる磁器である。「伊万里(いまり)」とも呼ばれる。

伊賀焼 (イガヤキ)

三重県伊賀市で焼かれている陶器及びb器。「日本六古窯」に数えられる。

伊万里焼(イマリヤキ)

佐賀県の伊万里港から積み出された有田地方で産する磁器の総称。

絵唐津(エガラツ)

器に鉄溶液を使って花鳥、草木等の意匠を描き込んで、灰色釉など透明な釉薬を流し込み、焼成したもの。

織部焼(オリベヤキ)

桃山時代の頃に、主に美濃地方で生産された陶器の事。織部黒・黒織部、青織部、赤織部、志野織部などがあるが、緑色の青織部が最も有名。